1. ホーム
  2. 講座一覧:語学・趣味
  3. 125 考古学から見た東大阪の歴史

カテゴリー

語学・趣味

そうだったのか、東大阪の歴史を再発見

125 考古学から見た東大阪の歴史

レッスン内容

東大阪市内には旧石器時代から江戸時代までの遺跡が知られ、遺跡の宝庫と言われています。今回の講座では、旧石器時代から戦国時代までの主要な遺跡を考古学の観点からわかりやすくご紹介します。近くに住んでいるのに、今まで知らなかった地域の歴史、魅力を再発見してください。

講師

福永信雄/株式会社地域文化財研究所代表取締役

レッスン曜日・時間

第1日曜 10:30〜12:00

受講料

2,160円

持ち物

筆記用具

講師からの一声

私は、東大阪市教育委員会文化財課で35年間、文化財専門職員・学芸員として発掘調査や埋蔵文化財行政・市立郷土博物館・国史跡鴻池新田会所跡などに携わってきました。教育委員会を退いた現在は、長年に渡って蓄えられた知見、情報を広く地域社会の皆様にお伝えすることが私のライフワークだと考えております。埋蔵文化財は、私たちの先祖が生きてきた痕跡であり、また現代へ遺された宝物です。そこには現代、また未来に向けて、より良く生きるための知恵が隠されています。是非一度、先祖の生きた証である埋蔵文化財の話を聞きに来てみてください。

お問合せ先

HOS小阪カルチャースクール 考古学から見た東大阪の歴史
TEL:06-6724-0372

東大阪で東大阪・歴史と言えば、小阪カルチャースクール